3児死亡飲酒事故、被告と同乗者らを賠償提訴(読売新聞)

 福岡市で2006年8月、児童3人が死亡した飲酒運転追突事故で、車を追突させた元同市職員今林大(ふとし)被告(25)(上告中)ら計5人に対し、両親が計約3億5000万円の損害賠償を求める訴訟を福岡地裁に起こしたことがわかった。

 提訴は5日付。

 両親の代理人弁護士によると、5人は今林被告のほか、車に同乗していた男性2人、飲酒検知前の今林被告に水を飲ませた男性、車の所有者である今林被告の父。両親が負った心身の傷と3児の死亡に対する慰謝料などを求めている。

 今林被告側は刑事裁判で「被害者の居眠り運転や急ブレーキも事故の原因」とし、被害者側にも過失があると主張。被害弁償は行われておらず、両親がこれまでに受け取ったのは自賠責保険の保険金のみという。

全国5番目の規模の河内大塚山古墳は未完? 初の立ち入り調査(産経新聞)
押し入れにライター、幼児の火遊び原因か 練馬の火災(産経新聞)
乱気流 成田行きUA機巻き込まれ20人けが(毎日新聞)
練馬の幼児2人焼死、押し入れが火元か(読売新聞)
<義足>風呂敷応用、安価に 島根の装具メーカーが開発(毎日新聞)
[PR]
by trsqx46izk | 2010-02-22 23:09


<< 江戸川の小1死亡 虐待、2年以... 銅メダルの高橋選手に首相「快挙... >>