<偽1万円札>関東で数百枚発見 日本人2人関与か(毎日新聞)

 東京都や埼玉県など関東一円で今年に入り、偽1万円札数百枚が見つかり、関与が疑われる日本人2人が既に浮上していることが2日、捜査関係者への取材で分かった。各県警が、組織的な犯行の可能性があるとみて捜査している。1月末には青森や岩手など東北4県で偽1万円札計約60枚が見つかっており、関連を調べている。

 捜査関係者によると、関東で見つかっている偽札は透かしがないうえ、見る角度で色や模様が変わる偽造防止用のホログラムも不十分といい、カラー複写機でコピーした可能性がある。紙質は悪くないが、明るい場所で注意して見れば偽物と分かるという。

 警察当局は、既に少なくとも日本人2人が関与したとの見方を強め、行方を追っている。使われる地域が広範囲であることから、グループによる犯行とみている。

【関連ニュース】
偽1万円札:タクシー料金支払いで使う…前橋、高崎で3件
偽札:東北4県で60枚に…ホログラム精巧、判別難しく
偽1万円札:タクシー料金支払い、前橋と高崎で相次ぐ 夜間ですぐ気付かず /群馬
偽1万円札:長野市内の3店で4枚見つかる /長野
静岡の偽造1万円札:タクシーで新たに1枚 /静岡

大津波警報 震源近くで被害甚大(産経新聞)
羽田空港 濃霧で82便欠航…2万人超に影響(毎日新聞)
リニア中央新幹線 「ルート選定」開始 交通政策審(産経新聞)
北教組不正資金提供 「本当に小林陣営だけなのか」(産経新聞)
<静岡空港>日航福岡便、2月搭乗率17.2ポイント増 支援策「一部は効果」(毎日新聞)
[PR]
by trsqx46izk | 2010-03-06 11:12


<< 中2男子首つり自殺、学校調査で... 韓国で男逮捕=東京・新宿の指輪... >>