元気とどけ!播州鯉(産経新聞)

 5月5日の端午の節句に向けてこいのぼりの生産がピークを迎えている。「播州鯉」で有名な兵庫県加東市の柴崎物産では、長さ50センチのこいのぼりが所狭しと並び、出荷に向けて準備が進んでいる。

 同社では、15センチの小さなものから、10メートルの大きなものまで、さまざまなこいのぼりをすべて職人が手作業で染め上げている。真っ白なナイロン地に、濃い色の染料から順に型を使い、次々と青色のこいのぼりを生み出していく。

 柴崎彰孝社長(59)は「新型インフルエンザに負けず、子供たちが元気に育ってほしいとの思いをこめてます」と話していた。生産は4月末まで続く。

【関連記事】
強豪国も注目する職人技、スレッジ用具製作で貢献
【Viva!ヨーロッパ】フランス 「北野ワールド」パリ席巻
「観察」こそデザインの原点
大津の西川さん3位 世界パン職人コンテスト
日本のモノづくりは真央型か、ヨナ型か
20年後、日本はありますか?

中学の教室でいじめ撮影?動画サイトに投稿(読売新聞)
海賊版防止へ日中協力 覚書交換 定期協議や人材交流(産経新聞)
事業仕分け 第2弾 4月と5月の2回に分けて実施(毎日新聞)
鳩山邦夫氏 自民党に離党届を提出(毎日新聞)
チリ大地震でもびくともしない現代重の発電設備
[PR]
by trsqx46izk | 2010-03-18 18:38


<< 【アニマル写真館】「シタツンガ... 相次ぐ不祥事、東京医大理事の大... >>