【アニマル写真館】「シタツンガの赤ちゃん」 神戸市立王子動物園(産経新聞)

 神戸市灘区の市立王子動物園に新たに仲間入りしたのは一見、シカに見えるが、れっきとした「ウシ科」の草食獣、シタツンガの赤ちゃん。平成21年12月、父のアラシ(3)と母のアスカ(2)の間に生まれた。性別はまだ分からないが、母親に寄り添って甘えながら、すくすくと育っているという。

 シタツンガの生息地はアフリカの沼地や湿地。ぬかるみに足が取られないようひづめが長くなっており、いざとなれば水中に潜ることもできる“器用者”だ。王子動物園では10年ぶり、6例目の繁殖となった。

 背中にある斑点(はんてん)といい、体のつくりといい、見た目は子ジカ。「バンビちゃん」と声をかける来園者も少なくないとか。生まれてからまもなく3カ月。「モーそろそろボクのことを覚えてほしい」と思っているかも?

絶縁体 電気信号伝達 夢の「8割省エネ」(毎日新聞)
輿石氏が農地を無断転用 畑に車庫や道路…行政指導も解消せず (産経新聞)
「あかつき」など公開=5月打ち上げの金星探査機−宇宙機構(時事通信)
吉野家元バイトが強盗、現役バイトはネコババ(スポーツ報知)
<B型肝炎訴訟>札幌地裁が和解勧告 全国で初(毎日新聞)
[PR]
by trsqx46izk | 2010-03-20 15:09


<< <センバツ>開星監督「21世紀... 元気とどけ!播州鯉(産経新聞) >>