B型インフル、検出続く―注意必要と感染研(医療介護CBニュース)

 B型インフルエンザウイルスが継続的に検出されている。国立感染症研究所感染症情報センターが3月23日に開いたメディア意見交換会で、岡部信彦センター長は「B型のシーズンはこれから」と注意を呼び掛けた。

 同センターによると、1月4日から3月14日までに検出・報告されたインフルエンザウイルス2603検体のうち、2569件(98.7%)が新型で、B型が29件(1.1%)、A香港型が5件(0.2%)。依然として新型が大半を占めるが、B型も継続的に検出されている。B型の29件のうち13件は2月22日-3月7日の2週間に検出されたものだった。

 岡部センター長は、「B型の流行は例年3月から4月で、A型より遅れてやってくる」と説明。また、WHO(世界保健機関)のまとめではモンゴルや中国など東アジアではB型が主流になっていると指摘し、今後B型に注意が必要との認識を示した。


【関連記事】
A香港型、4か月ぶりに検出―インフルエンザ
依然ほとんどが新型も、B型が微増―インフルエンザで感染研
新型含む3価インフルワクチン製造へ―厚労省方針
「ヒト型」に変異で患者増も―新型インフルで感染研・安井主任研究官
インフル患者、7週連続で減少

小沢幹事長 生方氏の副幹事長職を慰留、本人も了承(毎日新聞)
<新千歳空港>国際線ターミナルが26日開業(毎日新聞)
運転見合わせ JR山手線など3線 立ち往生も(毎日新聞)
眞子さま、佳子さまご卒業(産経新聞)
東京メトロ・丸ノ内線運転見合わせ…ホームドア点検(読売新聞)
[PR]
by trsqx46izk | 2010-03-31 10:21


<< ボディスキャナーで透撮チェック... <B型肝炎>福岡地裁でも和解勧... >>