クボタショックから5年 石綿被害救済訴え「人間の鎖」(産経新聞)

 兵庫県尼崎市のクボタ旧神崎工場周辺でアスベスト(石綿)被害が明らかになった「クボタショック」から5年になるのを前に、被害者支援団体のメンバーらが30日、工場跡に建つ同社阪神事務所を手をつないで包囲する「人間の鎖」で囲い、改めて被害救済を訴えた。

 アスベスト被害の深刻さを訴え、国と加害企業の責任を追及、恒久的な被害者救済策の実行などを求めて実施。事務所近くの公園で集会を開いた後、クボタ事務所まで約400メートルをデモ行進。その後、手をつないで事務所を取り囲んだ。

 クボタは平成18年4月、被害者に対して最高4600万円の救済金の支払いを決めている。

 呼び掛け人の一人、尼崎医療生活協同組合の粕川実則事務局長は「石綿による被害は今後さらに拡大するだろう。被害者を幅広く救済していくためにも、国や企業の責任を明確にしていかなければならない」と訴えた。

【関連記事】
国控訴しなければ受け入れ アスベスト訴訟で原告側
石綿訴訟で控訴断念の方向 厚労・環境省、閣内異論も
被曝、石綿…危険な一大産業 インドの廃棄物処理
アスベスト禍 工場経営者の苦悶…怒りと自責の念交錯
学校のアスベストで中皮腫 教諭が全国初の公務災害認定へ
iPadが上陸

ワクチン接種ほぼ完了=一部、反対農家残る―口蹄疫問題(時事通信)
「ばかな会合だった」石原都知事は途中退席(読売新聞)
iPadで案内、作者の詩朗読も…富弘美術館(読売新聞)
<震度速報>気象庁から速報されず(毎日新聞)
主婦が支持する料理研究家のトップは栗原はるみさん(産経新聞)
[PR]
by trsqx46izk | 2010-06-03 20:24


<< 首相臨時代理、仙谷氏が1位(時... 未明に民家全焼、焼け跡から2遺... >>