インフル患者、依然減少=ほとんど新型−感染研(時事通信)

 4日から10日までに全国約5000カ所の医療機関を受診したインフルエンザ患者は、1カ所当たり9.18人で、6週連続で減少したことが15日、国立感染症研究所の定点調査で分かった。1週間の推計患者数は約59万人で、昨夏以降の累積は推計約1875万人。
 検出されるウイルスは依然ほとんどが新型の状況が続いている。 

【関連ニュース】
インフル患者、減少続く=休暇の影響も
インフル患者、減少続く=依然ほとんどが新型
この冬どうなる?インフル流行=新型減少も予断許さず
インフル患者、3週連続減=いったんピーク過ぎる
新型インフル輸入ワクチン、従来と異なる製法=副作用懸念の声も

土地購入代にゼネコン資金=水谷建設提供の5千万円−特捜部が判断・小沢氏団体問題(時事通信)
「40人学級」見直しへ=小中の標準引き下げ議論−文科省(時事通信)
高速道走行中、バス運転手が意識不明…乗客停車(読売新聞)
「参政権法案、必ずしも公約でない」平野長官(産経新聞)
<年賀はがき>販売枚数6年連続減 売れ残り4億枚(毎日新聞)
[PR]
by trsqx46izk | 2010-01-15 12:36


<< 海上コンテナトレーラー横転事故... 人と防災未来センター「東館」公... >>