「議員案件でも断れる」=元局長公判で厚労省職員−大阪地裁(時事通信)

 障害者割引郵便悪用事件で、虚偽有印公文書作成罪などに問われた厚生労働省元局長村木厚子被告(54)=休職中=の公判は16日午後、大阪地裁で続いた。同被告の部下だった同省職員は証人尋問で「『議員案件』を(他の案件と)特に区別することはない」と述べた。
 検察側は、当時企画課長だった村木被告は有力国会議員が口利きした議員案件だったため、元係長上村勉被告(40)=同罪などで起訴=に証明書偽造を指示したと主張している。
 これに対し、職員は「議員案件は多々ある。議員は(できない理由を)説明すれば分かってくれる。断れないことはない」と疑問を呈した。
 さらに「企画課長からの直接の指示はあり得ない」と指摘した上で、「上村被告が偽造した事実があり、村木被告がかかわった構図で事件をつくり上げた冤罪(えんざい)ではないか」と述べた。 

【関連ニュース】
〔特集〕現役キャリア官僚逮捕! 障害者割引郵便不正事件
検察側、無罪求め謝罪=「長期服役、取り返しつかない」
「『記録ある』と検事が虚偽説明」=石井議員への「報告電話」
石井議員口利き「記憶ない」=村木被告公判で厚労省元部長
証明書「元局長から手渡し」=障害者団体元代表が証言

「『記録ある』と検事が虚偽説明」=石井議員への「報告電話」−厚労省元部長が証言(時事通信)
<日本脳炎ワクチン>10年度勧奨見送り 厚労省審議会(毎日新聞)
トヨタ純正のカーナビ狙い 355台盗む、車上荒らしの男ら(産経新聞)
民主・小泉議員が12分間も「小泉改革」批判 持ち時間なくなる(産経新聞)
雑記帳 建設会社が「わさびチョコ」発売(毎日新聞)
[PR]
by trsqx46izk | 2010-02-17 10:55


<< 日弁連会長選、再投票は来月10... <東電>作業員被ばく量対策チー... >>