<   2010年 01月 ( 14 )   > この月の画像一覧

小沢幹事長続投に「党の自殺行為」の批判も (産経新聞)

 民主党の小沢一郎幹事長は16日、党全国地方代議員会議で、自身の資金管理団体「陸山会」の土地購入をめぐって元秘書の石川知裕容疑者(衆院議員)らが逮捕されたことを陳謝するとともに「引き続き頑張る」と述べて幹事長職の続投を表明した。ただ、党務は一時的に休職し、幹事長職務代行を兼務している輿石東(あずま)参院議員会長に委ねることも明らかにした。鳩山由紀夫首相は小沢氏と会談し、続投を容認。小沢氏は午後の党大会でのあいさつでも同様の考えを表明する。

 小沢氏は幹事長のまま「東京地検特捜部と対決する」(小沢氏に近い党幹部)意向だ。小沢氏は地方代議員会議に先立ち、首相公邸で鳩山由紀夫首相と約20分間会談、続投を求めて首相は了承した。

 首相は同日午後、首相公邸前で記者団に「小沢幹事長は『自分は法令を違反していない。しっかり幹事長職をやり抜く』という思いだった。小沢氏を信頼している。幹事長職を続けてくださいと言った」と語った。また、菅直人副総理・財務相とも会談し、小沢氏続投で一致したことを明らかにした。

 ただ首相は、小沢氏が表明した一時的な休職については「そのような事実はない」と述べ、認めない考えを示した。

 前夜から東京・元赤坂の個人事務所にこもっていた小沢氏は16日未明、党幹部に辞任しない意向を伝えた。小沢氏は党幹部に「辞めない。戦う。党大会で胸の内を話す」と語り、検察への不満も漏らした。

 民主党執行部は小沢氏を支持する姿勢だ。だが、党内から「小沢氏は党内の様子を見るつもりなのだろうが厳しい。結局は引かざるを得ない」(ベテラン)「小沢氏の居座りは党の自殺行為」(若手)との声が出ている。世論も小沢氏批判を強めるのは確実で、小沢氏辞任は早晩避けられないとの見方が広がっている。小沢氏を擁護する首相は今後、極めて難しい対応を迫られることになる。

 民主党大会は夏の参院選に向けての決起大会のはずが一転して「暴風雨の中での大会」(中堅)となった。来賓の社民党党首の福島瑞穂消費者・少子化担当相は「国民は真摯な説明を求めている。民主党が信頼を回復されることを友党として心から願う」と述べた。鈴木宗男新党大地代表は「検察の暴走はいけない」と語った。

【関連記事】
「小沢辞任」叫ぶ男が取り押さえられる 民主党大会の会場近く
鳩山首相、イバラの道 責任論も
首相「闘ってください」 小沢氏に続投“お願い”?
小沢幹事長、全国地方代議員会議で「職を辞するつもりはない」
志位・共産委員長「小沢氏は説明責任果たせ」

使用停止命令を解除=柏崎原発1、5号機−新潟(時事通信)
成人の日、趣向凝らし門出祝福(産経新聞)
<出会い系>サクラで詐欺 サイト業者ら11人逮捕(毎日新聞)
がん「患者必携」、5割超が「有料でもほしい」(医療介護CBニュース)
<太陽光パネル>お砂場のお屋根で発電するよ 兵庫の保育所(毎日新聞)
[PR]
by trsqx46izk | 2010-01-19 02:02

海上コンテナトレーラー横転事故防止へ新法提出(レスポンス)

国土交通省は12日、18日招集の通常国会に、国際海上コンテナの陸上輸送について、横転事故防止など安全確保のための新法を提出すると発表した。

受け荷主等に対し、コンテナに詰められた貨物の品目、重量、積み付け状況などの情報をトラック事業者等に伝達すること等を義務付けるほか、港湾や埠頭で、過積載や偏荷重等の不適切な状態にある輸入コンテナを発見・是正するための制度も盛り込む。

また、安全速度での運転やコンテナロックの確実な実施等に関し、トラック運送事業者等が順守すべき事項も定める。

海上コンテナ陸上輸送の安全対策強化に向けた新法については、前原国交相が野党時代から必要性を指摘しており、民主党政策集「INDEX2009」にも盛り込まれていた。

これを受けて同省では、昨年12月4日に、海上コンテナに関する関係者らで構成する「国際海上コンテナの陸上輸送における安全対策検討会議」を立ち上げ、三日月大造政務官が中心となって新法の制定を検討している。

《レスポンス 編集部》

【関連記事】
コンビニでカーシェアリング、サークルKサンクスが首都圏で展開
国土交通省 特別編集

<森繁さん震災詩>書の作品に 教え子亡くした神戸の書家(毎日新聞)
センター試験開始へ=55万人が挑む(時事通信)
民主党大会が午後開幕=事件から一夜、首相あいさつへ(時事通信)
【いま、語る関西人国記】関西マルチメディアサービス社長 原格さん(60)(産経新聞)
<羽田空港>レーダー障害で一部発着できず(毎日新聞)
[PR]
by trsqx46izk | 2010-01-16 20:13

インフル患者、依然減少=ほとんど新型−感染研(時事通信)

 4日から10日までに全国約5000カ所の医療機関を受診したインフルエンザ患者は、1カ所当たり9.18人で、6週連続で減少したことが15日、国立感染症研究所の定点調査で分かった。1週間の推計患者数は約59万人で、昨夏以降の累積は推計約1875万人。
 検出されるウイルスは依然ほとんどが新型の状況が続いている。 

【関連ニュース】
インフル患者、減少続く=休暇の影響も
インフル患者、減少続く=依然ほとんどが新型
この冬どうなる?インフル流行=新型減少も予断許さず
インフル患者、3週連続減=いったんピーク過ぎる
新型インフル輸入ワクチン、従来と異なる製法=副作用懸念の声も

土地購入代にゼネコン資金=水谷建設提供の5千万円−特捜部が判断・小沢氏団体問題(時事通信)
「40人学級」見直しへ=小中の標準引き下げ議論−文科省(時事通信)
高速道走行中、バス運転手が意識不明…乗客停車(読売新聞)
「参政権法案、必ずしも公約でない」平野長官(産経新聞)
<年賀はがき>販売枚数6年連続減 売れ残り4億枚(毎日新聞)
[PR]
by trsqx46izk | 2010-01-15 12:36

人と防災未来センター「東館」公開 風水害を学ぶ(産経新聞)

 阪神大震災の教訓を後世に語り継ぐ「人と防災未来センター」(神戸市中央区)の中で閉館中だった「ひと未来館」が「東館」としてリニューアルオープンするのに先立ち、7日に内覧会が行われ、関係者らに館内が公開された。風水害について学ぶことのできる施設となっており、8日午前9時半から一般公開される。

 「ひと未来館」は命の尊さについて学べる博物館施設として平成15年に開館。昨年4月から改修工事を行っていた。

 内覧会には約150人が出席。兵庫県の井戸敏三知事が「経験や教訓を伝えて他の災害の備えとするのが被災地の役割」とあいさつし、テープカットが行われた。

 館内は「水と減災を学ぶ」をテーマに4つのフロアで構成。昭和13年に発生した阪神大水害の被災者が災害について語るインタビューの映像を大型スクリーンで流したり、世界各国の災害を写真パネルで紹介しており、子供たちにもわかりやすい展示内容となっている。

あきおのブログ
空から降ってきた少年
無料携帯ホームページ
債務整理
競馬情報
[PR]
by trsqx46izk | 2010-01-14 02:04